『理科系の論文技術 ~評価の高い提案書、報告書、協議書を作成する方法~』DVD

¥ 16,200 税込

商品コード: 40

関連カテゴリ

  1. DVD
  1. DVD
  2. 技術提案シリーズ
数量

わかりやすい文章を書きたい
素早く論理的な文章を書きたい
技術提案の評価を高めたい

そんな声に応えたものが、本DVDです。
設問を解いたのち、分かりやすく解説するので、
誰でも確実に理科系の論文技術を身に付けることができます!

本DVDは、理科系の論文の書き方を分かりやすく説明します。
また、文章の「型」を覚えることで、短時間に論理的で分りやすい文章が書けるようになります。
設問では、建設現場で用いる文章を用いて、解説しています。
また、技術提案にて高い評価を得ることのできる提案書の作成方法も身に付けることができます。

施工計画書、技術提案書、協議書等、建設業に関わる文章を作成する建設技術者にお勧めの内容です。




 ▼こんな悩みはありませんか?

・わかりやすい文章が書けない
・文章を書くのに時間がかかる
・文章を論理的に書くことが苦手
・技術提案の評価が低い

 ▼ その原因は・・・

・理科系の論文技術を学んでいない
・文章執筆時のパターンや型が身についてない
・理科系の文章と文系の文章の違いを理解していない

 ▼ こうすれば解決!

・理科系の論文技術を学ぶ
・文章の「型」「パターン」を身につける
・技術提案書に特有な記載方法を理解する




【収録内容】

1. 理科系の論文技術の基本
 理科系と文科系論文技術の違いとは

1) 理科系と文科系の文章の違いとは
・文章には理科系と文科系がある   
・理科系文章には心情的要素は含めない

2) 理科系文章の心得
・事実と意見を区別しよう
・明快,簡潔に記述しよう

3) まとめ
・自分の意見を省く(事実と意見を区別する)  
・言い切る
・普通の用語,日常用語を用いる
・短い文章で構成する

2.ポイント1  読みやすい文章にする
  ねじれ文は理解不能  主語と述語は遠ざけない

1)一目でわかる文章を書く
・1文は75字程度以内の分量にする。
・文章を小分けにする   
・句読点を工夫する
・肯定文で書く

2) 主語と述語を明快にする
・主語と述語を遠ざけない
・主語を飾りすぎない
・主語に余分な文字を付けない

3.ポイント2  漢字とかなを使い分けよう
  必要以上に漢字を使うな

1)当て字は使わない
2)接続詞,副詞,助動詞,助詞はかなを使う
3)漢字熟語を動詞として使わない
4)漢語調は平易な表現にする

4.ポイント3   きちんと伝わる文書を目指せ
  箇条書き3つのポイントを知る・表題の付け方・ はっきり言い切る姿勢(理科系)

1)箇条書きのコツ
・箇条書きの止め方を統一する   
・違うレベルのことを箇条書きにしない
・直列式箇条書きの場合,箇条書きの終点がわかりやすいように「―」を挿入するとよい

2) 一目でわかる表題を付けるコツ
・メールやFAXの件名
・技術提案

3)きちんと伝えるコツ
・広い意味を持つ動詞は言い換える
・「が」と「は」は使い分ける   
・同じ言葉,同じ言い回しは避ける

4)はっきりと言い切るコツ
・ぼかし言葉を使わない
・逆茂木型の文章は書かない   

5.ポイント4  添削をして文章を磨け
うまい図表はへたな文章を引き立てる わかりやすく簡潔な表現

1)主語と述語の関係を見直す
・足なし文   
・ねじれ文
・頭がふたつ文
・「誰が」,「何を」不明確文

2) 誤解されない文章にする
・読点を活用する
・修飾語は修飾される言葉に密接させる

3) 図表を活用する
・図名,表名の位置の注意点
・効果的な図表の活用方

6.ポイント5  事実と意見を混同するな
一般論,事実,意見の書き方を知る

1)一般論と事実と意見
・一般論・事実・意見の型  
・「一般論」の書き方
・「事実」の書き方
・「意見」の書き方

2) 一般論,事実,意見を書き分ける
・一般論,事実,意見の書き分け例題  

3)技術提案は「事実」で記載する
・曖昧な表現は用いず,数字を使って具体的に表す






DVD講習時間:2時間30分程度
DVD収録時間:1時間40分

■パッケージ内容
 DVD1枚
 テキスト

■発売年月
 2019年3月22日

■対象者
 施工管理技術者、技術提案書執筆担当者

■発行元
 ハタ教育出版

■視聴者の声
・理科系の文章を学んだのは初めてでした
・もっと若いときに勉強したかったです
・漢字をあまり使わない方がよいというのは始めて知りました
・今まで、勘違いしていることが多かったことに気づきました
・文章の「型」は今後役立ちそうです